お茶の風景

2009年6月 4日 (木)

あけび茶と蒸しパン

Photo_3 今日のおやつは、あけび茶と、
佐藤商店さんのクルミとレーズンの蒸しパン。
豆乳を使っているせいか、
もっちもっちで、甘さ控えめの蒸しパンです。
噛み応えがあって、大好きです!
他にも金時豆やかぼちゃの種など、
色々種類がありました。




最近、色んな野草をブレンドしてお茶を作れないかしら、と思って、実験中です。
もともと、母方の祖母が野草を摘んできては干してお茶にしていました。
「ばっちゃ」と呼んでいたその野草茶は、
結婚して実家を離れた後も、定期的に送られてきていたのですが、
近頃、祖母も足腰が弱って、なかなか野草を摘みに行けないのだとか。
恥ずかしながら、いつも祖母をあてにして、
自分では試してみたことがなかったものですから、
5月の連休中に、庭のあけびで作ってみました。
祖母は干した葉をやかんに放り込んで、
大量にお茶にしていたのですが、
私は、手軽に少し、飲みたい時に、さっと淹れられる方が便利なので、
生の葉を煎ることにしました。

Photo

ちょうど新芽が出る時期なので、
明るい緑色のかわいらしい葉を、ちょっぴりずついただきます。

Photo_2 鉄鍋で煎ります。
10分ぐらいすると、葉が黒ずんで、
しわしわになってきます。
少し粗熱が取れてきたところで、
揉みます。とにかく揉みます。
葉のエキスがじわじわ出てきて、
いつの間にか手がすべすべになるというおまけ付き。
これを三日ほど天日干しにします。


Photo_4
からからに乾いたものがこちら。

飲む直前に焙じて、熱湯を注ぎ、20秒ほど待ちます。
うっかりしていると、薬草臭~いお茶になってしまうので、要注意。
上手く淹れられると、後味に柔らかい甘みが感じられて、
蒸しパンやお煎餅のような素朴なお菓子と良く合います。
でも、もうちょっと修行が必要かな・・・。

ちなみにあけびの葉は利尿効果があるらしく、
むくみに効果を発揮します。
最近、少し手のむくみが気になる時に、飲んでいます。

Photo_5

地味ですが、花もかわいらしい。
秋に鈴なりになる実もまた、目を楽しませてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

月庭一日喫茶室

先日、晩翠通りにあるバーhaltさんで開かれた、
月庭一日喫茶室にお邪魔してきました。
見たことのないお茶や、
思いも寄らない材料の組み合わせに、
毎回ときめきっぱなしの喫茶室。
しかも今回は、薪ストーブのあるバーで開かれるということで、
強風にもめげず、てくてく歩いて行ってきました。


Photo_2
噂の薪ストーブ。
奥で赤い火がちろちろと燃えています。

Halt 私、薪ストーブからの連想で、
山小屋風の内装をイメージしていたのですが、
気持ちよく裏切られました。
何もかもが、すっきりモダンでかっこいいのです。
お酒はあまり飲めないのですけれど、
ぜひ夜も来てみたいですね。




Photoそして月庭さんのお茶。
熊本の在来種のお茶を焙じたもの。
すっきり爽やかな飲み口で、
香りは日本茶とは思えない力強さ。
しっかり体に染み渡りました。




急須は青森の金山焼きだそうです。
きゅーっと前傾姿勢になっているところが、
かわいらしいですね。頑張ってくれそうな急須です。

もう一品、「苺と蜂蜜雲」をいただいたのですが、
夢中になりすぎて、写真を撮り忘れました・・・。
去年の今頃、salveさんで開かれた一日喫茶室にも登場していたのですが、
売り切れてしまって、ありつけませんでした。
一年越しです。うふふ。
本当に美味しかったです。
ほんのり甘い桃色の飲み物。
底の方にとろりとした苺のジャムが・・・。
はぁ。幸せ。
お天気も良いし。

月庭さん、haltさん、またお邪魔しに行きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

祖母のおかき

Photo








先日、実家から父方の祖母が作った干し柿とおかきが送られてきました。

見渡す限り広がる田んぼの中に、ぽつんと建つ大きな平屋。
毎年お正月に帰省する度に、凧揚げをしましたが、
ビルも電線もない空は高すぎて、どんどん小さくなっていく凧を見ていると、
めまいがするようでした。

毎年冬になると、祖父母が自家製の干し柿とおかきを送ってくれました。
祖父は3年前に亡くなり、今はあの平屋で、祖母と伯父夫婦が暮らしています。
子どもの頃、見た目も地味なこのおかきが、そんなに美味しいとは思えず、
父が一人で黙って焼いて、食べていたような気がします。
父にしてみれば、懐かしい故郷の味だったのでしょう。

しかし、久しぶりに口にしてみると、
餅米のほんのりした甘さがしみじみと感じられて、
思わずため息が出ました。
何と贅沢なおやつだったことか。
塩すら使わず、餅米と水だけで作られたおかき。
紫色のものは黒米を使ってあります。
こんなにシンプルで清らかなものだったなんて。
感動のあまり、つい実家に長電話をかけてしまいました。

Photo_2
こんな時は、珍しくほうじ茶で。
おかきは食べる直前に火であぶります。
すると、ふっくらふくらんで、
さくさくした歯ごたえになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

石橋屋

Photo 今日のお茶は、石橋屋さんの駄菓子色々と、鉄観音。





Photo_2 お菓子のお皿にずいっと寄ります。
うっすら桃色は「梅子」。
その右隣が「千切り」。
その下が「輪南京」。
細長いのは「きなこねじり」。
その上が「兎玉」。




Photo_3そしてあまりの可愛さに食べられないもの。
串に刺してあるのが「だるま飴」。
写真じゃ分かりにくいですが、
葡萄と蜜柑をかたどった「果物菓子」。
そして「兎落雁」と書いて「めんこい」。
名前もお茶目です。



台湾でもお茶請けとして出てくるものは、
落花生やナツメの餡を練った素朴なものが多く、
かごやトレイに並んでいる中から、
好きなものを選べる茶芸館もあります。
噛み応えもあって、おなかにたまる駄菓子は、
台湾茶にもぴったりです。


仙台駄菓子で有名な石橋屋さん。
先日、初めて行きました。
たまたま河原町付近に用事がありまして、
めったに来ない場所なものですから、ぶらっと散策しておりますと、
何やら風情のある建物が・・・。

Photo_4 脇に用水路が流れ、枝垂れ桜が植わっています。

中に入るとそこはもう別世界で、時間が止まったよう。
薄暗い照明の下、ショーケースには素朴な仙台駄菓子の数々。
こういう駄菓子の色合い、私、大好きなのです。
降り積もる雪。
春先の湿った土。
ゆれる稲穂。

そんな自然の中にある色が微妙にトーンを変えて、
箱の中におさまっている姿を見ると、しみじみします。
存在は知っていたものの、
じっくり見るのは初めてだったので、
ショーケースにはりついたおりましたら、
お店の裏に、駄菓子の資料室があるとか。
せっかくですから、ご案内していただきました。

明治頃から戦前まで、
仙台の街で見られた飴売りの姿が、人形になって展示されていました。
今では想像もつかない飴の数々。
そして芸達者な飴売りの人々。
一部をご紹介。

Photo_5 吹き飴売りです。
瓢箪のような形をしたものが、どうやら飴らしく、
口で吹いて飴を伸ばしていくようです。
うーん、解説を読んでも仕組みがナゾでした。
「笛吹き」とも書いてありましたので、
飴も吹きつつ、笛も吹いていたのでしょうか。
器用ですね。

Photo_6 たすき飴売りです。
白いモノがぐるぐる伸びておりますが、
どうやらこれが飴で、切り売りしていたようです。
これは何となく想像が付きます。
箱から果てしなく飴が伸びてくる、というのは、
子供にとってはさぞ魅力的だったことでしょう。



Photo_7そして衝撃の出会い。
猫飴売り。
隣のたすき飴売りの旗が邪魔で、
よく見えませんが、「猫豆」と書かれた箱を背負っています。
猫豆?!猫豆って何?!
なぜか、彼には解説が付いておらず、
箱の中身が何なのか、まったく想像がつきません。


しかし、猫を屋号につけている猫空として、
このナゾ、解決せずにはおれませんでしたので、
お会計の時に、社長さんとおぼしき上品なご老人にうかがってみました。
「資料室にあった猫飴売りですが、どんな飴を売っていたのでしょうか。」
「ああ、あれはこの石橋屋が戦前、一番町にありました頃、
戦災で焼け出されましたねぇ・・・。」に始まり、
石橋屋さんの歴史、
職人技を伝えていくことの大切さ、
昨今の食料自給率低下によって良い材料を仕入れることが困難であること、
顔の見える商売をしていれば、偽装問題など起きるはずもないこと、
などなど、大変勉強になるお話を聞かせていただきました。
「それであの、猫飴売りなんですけど。」
「ああ、あれね、私は見たことないですね。うーん、豆だったんじゃないかな。
猫は売ってませんよ。」
ということでした。

・・・それならば、なぜ猫豆?
疑問は尽きませんでしたが、
これ以上、お邪魔するのも気が引けて、帰ってきてしまいました。
どなたかご存知の方があれば、ぜひご一報ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

佐藤商店

私には、八百屋さんと魚屋さんと金物屋さんを見つけると、
用事がなくても入ってしまう習性があります。
妊娠して自転車に乗れなくなってしまったので、
最近、どこまでもてくてく歩いて行くのですが、
歩いていると、そんな個人商店がやたらと目に付くようになり、
ついつい寄り道してしまいます。

段ボールの切れ端に元気のいい字で「名取産曲がり葱 420円」と走り書き。
しかも、その曲がり葱が泥付きで、束で積み上げてあったりすると、
もー、たまりません。
魚屋さんで見たことのない魚と目が合うと、どきどき。
金物屋さんの奥で、ほこりの積もったブリキのちりとりを見つけると、にやにや。
そんな愛すべき個人商店。

そして先日、またまた素敵な八百屋さんを見つけました。
八幡の佐藤商店さんです。
ウチの近所にこんな八百屋さんがあったなんて。
県内産の野菜はもちろん、
フェアトレードの商品や、山形のえごま油、白石市の菜種油などなど、
ちょっと一味違う品揃えで、初めてお邪魔した時には、
棚の間を回遊魚のように行ったり来たり。
しかも2月から、岩出山のひとつぶ堂のパンを、
毎週火曜日に販売されるとうかがって、早速今日、行ってきました。

Photo_2 買ってきたパンたち。
カンパーニュ、プレーンベーグル、
お豆のリュスティック、マーマレードのリュスティック。
奥のガラス瓶は、佐藤商店さん自家製の無糖のりんごジャム。
これがまたさらっとしていて、
しっかり粉の味のするパンと合うのです。

Photo_3魚焼き網でベーグルをあぶり中・・・。
トースターを使うと、「焼く」というより
「乾燥させる」という感じになりますけど、
強火のガスでこうしてさっとあぶると、
ぱりっとしておいしいと思います。
こういう天然酵母の噛み応えのあるパンは特にそう感じます。

Photo_4 
今日のお茶は台湾の紅茶。
おやつはプレーンベーグルに無糖のりんごジャム。
あー、しあわせ。
ごちそうさまでした。

・・・ところで、二週間ほど前に、
梨木果歩さんの小説「沼地のある森を抜けて」を読んで、
すっかり触発されてしまい(ぬかどこや粘菌や酵母がわんさか出てくるお話なのです)、
天然酵母を育ててみよう!とやる気になったものの、
挫折しかけています。
あまりにも生地が発酵しなかったので、
シトラスブレッドのはずが、生地を引き伸ばして無理やりナンに・・・。

植物を育てるのが上手な人のことを「緑の指の持ち主」と呼びますが、
酵母を育てるのが上手な人のことを「酵母キャッチャー」と呼びます。
空気中に存在する酵母を捕まえて繁殖させる才能の持ち主。
酵母キャッチャー。私が勝手にそう呼んでいます。
今日、ひとつぶ堂さんのパンをいただいて、
酵母キャッチャーへの憧れが再燃。
前回は糖分の少ないはっさくで起こそうとしたのが間違いだったのかもしれません。
今回はりんごでチャレンジしてみようと思います。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

眠れない夜に

年明けに夢見が悪い、とぼやいていたのですが、
その後も、ミス・キャンパスになって、
周囲に「自薦?」という疑いの目で見られ、
気まずい思いをしたり、
溝に落ちた巨大な鮭の切り身を友達だと勘違いして助けたり、
シュールな夢を見続けています。
どうやら妊娠すると眠りが浅くなるらしく、
こんなくだらない夢を見るのも、そのせいかと。
3時頃に切ない思いで目覚めて、
その後もんもんと眠れず、気が付けば夜が明けている、なんてこともあり、
こりゃまずい、と思い立って、
寝る前に金針菜のお茶を飲むことにしました。

Photo

いつもの土鍋で煎じ中・・・。

金針菜は、台湾でよく使われる食材で、ホンカンゾウというゆりのつぼみ。
こちらは乾物ですが、生で使われることもあり、
炒め物やスープに入っています。
鉄分が豊富で、鎮静作用があるらしく、薬膳料理にも使われることが多い食材です。
北仙台にある外国煙草のお店の前に、自生している、
という噂を聞いたことがあるのですが、未確認です。

Photo_2
ほんの少しメープルシロップを足してできあがり。
こういう体を緩ませるようなお茶は、
出西窯のぽってりとしたお茶碗でいただきます。
両手にすっぽりおさまる大きさや、
貫入の入ったやさしいクリーム色の肌合いが、
しっくりとお茶を溶け合います。
大好きな茶器の一つです。

金針菜のお茶は、一口すするごとに、
ほーっとため息が出るやさしい味がします。
不眠と悪夢に悩まされている方は、ぜひ一度お試しあれ。
私は一週間ほど続けたおかげで、
ぐっすり眠れるようになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

お正月

明けましておめでとうございます。
旧年中はたくさんの方にお力添えいただき、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、お正月。
皆様、いかがお過ごしでしたか?
今年のお正月は、結婚以来初めて旦那さんと二人きりで過ごしました。
両親は先月から旅行に出かけ、それぞれの家庭で年越しを迎えることになり、
恒例の親戚宅ツアーもなく、非常に静かなお正月でした。

毎年12月に入るとお節の準備を始め、
大晦日にお重四段に黙々と料理を詰めていくのですが、
今年は二人きりですし、懐石料理教室でお世話になっている伊藤先生に、
お節をお願いしました。
私が作ったのは、元旦の朝のお雑煮だけ。
白味噌ベースの関西風のお雑煮です。
残念ながら旦那さんには不評でした・・・。
やっぱりいくらや焼きはぜがどどーんと乗っている
豪華なお雑煮の方がいいのかしら。

2009



元旦の朝はこんな感じ・・・。

せっかくのお節を真上から撮らなかったことが悔やまれます・・・。
ぎっしりと詰めて下さった上に、可愛らしく、どれもこれも絶品でした。
伊達巻がしっとりふわふわで感動。
きんとんの上品な甘さにも感動。
元旦から口福をかみ締めておりました。


その後、近くのお羽黒神社に初詣。
年末まで降り続いていた雪もやみ、
空気も澄んでいて、元旦の朝にふさわしいお天気。
甘酒でほこほこ暖まって、帰ってきてからお茶。

2009_2
冬摘みの龍井茶と、お干菓子です。
日ごろ、緑茶はぬるめのお湯で淹れることが多いのですが、
この日は和三盆の甘みに負けないよう、
そしてすっきり目が覚めるように、
いつもより少し熱めのお湯で淹れました。

2009_3 茶杯の周りで唐子たちが楽しそうに遊んでいるのですが、
一人、激しくデッサンの狂った頭でっかちの唐子がいて、
見るたびにニヤニヤしてしまいます。
このデカ頭君の絵付けをしている時、
一体、何が起きたのでしょうか。

お干菓子は縁起の良い初夢、富士と鷹と茄子をかたどったものだったのですが、
私が年明けに見た夢は、少々不愉快でした。
気がつけばつるっと出産しており、
いやはや安産で一安心、したのもつかの間、
生まれて来た子供はインド人のように色黒で、
生まれた直後だというのになぜか体格は大人サイズ。
女の子にしてはたくましすぎる肩幅。
顔が不細工な上に愛想もないという最悪のパターン。
「趣味は?」と聞くと「サッカー。」と一言。
この子、嫁に行けるだろうか、と不安に思っているところで目が覚めました。

夢見が悪かったものの、
それを除けば、非常に平穏なお正月でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

柚子蜂蜜に菊と薔薇

3日前から、右耳に水が入っているような違和感があり、
周辺を押さえると、「・・・・・・ごそ。きゅる。」という奇妙な音が。
鼓膜付近に誰か住んでる?
幻聴?
新手のつわり?
などと疑問が尽きなかったのですが、
特に痛みもなく、聞こえにくいわけでもないので、
「おっ。今日もごそごそ言ってるな。」程度の気持ちで、
放置しておりました。

しかし昨日、友人から「中耳炎ではないか。」と指摘され、
しかも、「悪化すると鼓膜を破って水を出す。」という荒療治を聞かされ、
のんきにかまえてる場合ではない、と耳鼻科へダッシュ。
結果・・・糸くずが耳につまっておりました。
中耳炎じゃなくて、良かったんですけど、
なぜ糸くず?
耳の穴に入り込んだ経緯が気になります。
確かに最近、毛糸にまみれておりますが、
耳の穴につまるほどではないかと。
それにしても油断禁物。
何がつまるか分かりません。
今後、耳周辺にもっと気を配りたいと思います。

Photo そして帰宅してから飲んだお茶。
最近寒くなってきたので、
菊と薔薇のお茶に、柚子蜂蜜を落としました。
お茶請けは干し杏。
冬が近づくと、乾物の日向の匂いが恋しくなってきますね。
昨夜は雪が降っていました。
いよいよ冬がやって来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

金木犀のお茶・栗の渋皮煮

Photo 実家から、丹波の栗が送られてきたので、
栗の渋皮煮を作りました。
一晩お湯につけ、鬼皮をむき、
アク抜きをして、表面についている筋を爪楊枝で取ります。
柔らかく煮込んでから、砂糖を入れ、
ゆっくり味を染み込ませていきます。
・・・三日かかってしまいました。


さすがに3kgの栗の鬼皮をむくのは、なかなか大変でした。
しかし、新鮮なうちに作った方がやはり美味しいので、
ここは気合で乗り切ります。
この季節になると実家では、
母と祖母が新聞紙の上で栗の鬼皮をむいていました。
私は当時、つまみ食い専門でしたので、見ているだけでしたが、
日頃スローな祖母が、この時ばかりはものすごいスピードで、
新聞紙の上に、あっという間に鬼皮の山を作っていました。

Photo_2 お茶は肉桂と金木犀をブレンドしました。
肉桂は、武夷山の岩茶の一種として有名ですが、
こちらは珍しく台湾のもの。
一煎目はストレートで、
肉桂の甘くスパイシーな香りを楽しみます。
二煎目に金木犀をいれ、お湯を注ぐと、
ふわりと金木犀の香り。

口に含むと肉桂の濃厚な香りと合わさって、
深い余韻を残します。
ガラスの茶器で淹れると、
小さなかわいらしい花が揺らめいて、
秋の深まりを感じさせてくれます。

今週末、wasanbonで開かれるGingaさんのステンドグラスの夕べにて、
この肉桂と金木犀のお茶をお楽しみいただけます。
詳細はコチラ→*

Gingaさんが生み出す神秘的な灯りの下で、ぜひお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

台湾紅茶と干しりんご

Photo 今日は福島の空カフェマーケットへ。
仙台チームとして、いつものにぎやかメンバーで参加してきました。





今夜は、今日の出来事を反芻しつつ、お茶を淹れましょう。
お茶請けは、空カフェマーケットで買ったもんぞう農園さんの干しりんご。
漂白されたり、酸化防止剤が添加されたドライフルーツが氾濫する中、
こんなシンプルな、真面目に作られたドライフルーツには、
なかなかお目にかかれません。
ほんのりピンク色の干しりんごには、
日なたとりんごの味がぎゅーっとつまっていました。
お茶は台湾の紅茶。
大きめのポットでたっぷりと。
湯気がお茶の表面にゆっくりとたまるこの紅茶は、
ゆるゆると体の力を抜いてくれます。

今日もよく笑いました。
空カフェマーケットについては、
また後日、詳しくご紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧