空想編物

2008年11月25日 (火)

秋の長屋マーケット報告

Photo

準備中の図。







気まぐれなお天気に、どぎまぎしながら始まった、
秋の長屋マーケット、盛況のうちに終了しました。
寒い中、たくさんの方にお越しいただき、
本当にありがとうございました。
参加者の私達も、楽しませていただいて、
このような機会を設けてくださった、
紫山さんをはじめ、主催者の皆様にも感謝です。

準備中、通りすがりの大阪人から、
「いや~、何これ?何してはるん?
へぇ~!蚤の市!毎月してるん?いや~、面白そうやなぁ!
ええ所やなぁ!仙台!息子が仙台に転勤になってなぁ。
今日、初めて来たんや~。今から松島に行くね~ん。」と、声を掛けられ、
関西人の私は、にやにやしておりました。
大阪人、食いつきが良すぎます。

道端に、所狭しと並んだ手作りのもの、
草花、コーヒー、古道具。
いつも見慣れた立町の風景が、一変し、
とても暖かい空間ができあがっていました。
春にも開催されるとのこと。
また楽しみが一つふえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

PIKKU JOULUのお知らせ

Photo_3

今年もピックヨウルの季節がやってきました!
準備の段階から、ハイテンションなピックヨウル。
皆様にもぜひこのわくわくを味わっていただきたいと思います。



北欧クリスマス市&北欧カフェ「PIKKU JOULU vol.3」 のご案内
PIKKU JOULU   VOL.3
ピックヨウル~北欧のクリスマス市 & 北欧カフェ

2008年 12月6日(土)~8(月)

6日(土) 15:00~19:00
7日(日) 11:00~19:00
8日(月)  11:00~16:00

ピックヨウル~”北欧のクリスマス市”は今年で3回目を迎えます。

北欧の心のこもった手づくり工芸品や仙台在住の作家作品をはじめ
今年はフィンランドの定番家庭料理”サーモンスープ”が登場します。
北欧のクリスマスを代表する味グロッギ(ホットワイン)、
特別にセレクトしたパンや焼き菓子をご用意し、
皆さんのおいでをお待ちしております。
楽しいにぎわいのぎゅっと詰まった、
素朴であたたかいクリスマスの雰囲気をどうぞお楽しみください。


詳細 北欧雑貨ビヨルク http://www.bjorkbjork.com/ 
問合せ bjork@bjorkbjork.com


主催 

カフェ:Calling ゆふ・ ライテイングデザイスタジオLUMEhttp://www.studiolume.com/
北欧篭・白樺オーナメント:北欧雑貨ビヨルク http://www.bjorkbjork.com/

協力
手作り雑貨:おりづめ http://orizume.cocolog-nifty.com/ .
コシュカコシュカhttp://www.kockakocka.com
ootomo miyuki http://ootomomiyuki.jugem.jp/ 
編み物:お話しと編み物 猫空  http://neko-sora.cocolog-nifty.com/blog/
切り絵・ステンドグラス:ナカジマアヤコ 
オーナメント:lingon 
.木工家具:木の仕事 樹々/http://www.k5.dion.ne.jp/~ju-ju/index.html 
北欧手作り雑貨 kanna http://banage.exblog.jp/
小冊子ふきながしユニット:自家製天然酵母パン:小里フミコ
.http://epleroom.exblog.jp/
焼き菓子:菅野よしの .http://blog.livedoor.jp/mini_chocolate/#top 
.吉岡ユリコhttp://blog.livedoor.jp/nijicafe/


場所
stock gallery & atelier
仙台市青葉区一番町一丁目12-7 中川ビル201号
14:00-20:00(木・金 定休)  tel.fax:022-342-1082
(1階に管楽器工房があり、脇の階段を昇った奥にあります)
専用駐車場がございません。お車の場合には
最寄の一般有料駐車場をご利用ください。
http://www.stock-web.com
mail:info@stock-web.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の長屋マーケット再び

先週、雨で延期になった長屋マーケット、
23日にさらにパワーアップして、皆様をお待ちしております。
天気予報では、晴れ。
あまり信用できない天気予報。
しかし、照る照る坊主も作りましたし、
毎朝、祈ってますし、きっと晴れるはず!

秋の長屋マーケット in 立町6−16

日時: 11月23日(日)   11時〜夕方頃

場所:紫山、daliy´s muffin 長屋3軒分

雨天中止。 

参加者の皆様

stationery station(文房具、雑貨)
        
ひつじ屋(紙もの、雑貨)

・柚子香(手づくりジャム)

峰彩庵(和雑貨)

・knospe(コサージュ、布小物)
 
・La Fleur Blanche(花)

hireco(ボタニカルアート、エコバック)

・BUS STOP mini(アメリカアンテイーク雑貨)

・BOROM GLASS BEADS(アクセサリー)

stained glass ginga(ステンドグラス) 

・空想編物猫空(編み物)

・庭音(裂き織り)

・茶々木(スペシャルブレンドコーヒー粉)

・HYGGE(北欧雑貨)

Daily´s muffin(マフイン、アメリカアンテイーク食器)

・紫山(古道具)
   
          
        
下記の注意事項にもご協力お願いいたします。       

*co2削減にご協力していただくため、当日は簡易包装になります。
 エコバック持参をお願いします。 
*駐車場がございませんので、車でお越しの方は
 近くのコインパーキングをご利用下さい。 
*お子様連れのお客様は、
 お子様から目を離さないようにしてください。
*壊れやすい物があります。
 お子様の手が触れないようにご協力おねがいします。
*11時開催です。お早く来られても販売することができません。

開催、中止のお問い合わせは
当日朝10時以降にお電話でお問い合わせ下さい。
090-3451-6338 (小野)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

秋の長屋マーケットお知らせ

Photo

告知が遅くなりました。
明日、立町で開かれる素敵なマーケットのご案内です。
猫空も、つわりの合間に編んだもの達を、
ちょこっと出品します。




お天気がちょっと心配・・・。
屋外でのマーケットなので、
雨の場合、来週に延期になります。
お出かけの前に、紫山さんのブログで、
開催かどうか確認された方が、よろしいかと思います。

秋の長屋マーケット in 立町6−16

日時: 11月16日(日)   11時〜夕方頃

場所:紫山、daliy´s muffin 長屋3軒分

雨天中止。*雨のときは翌週の23日(日) 

参加してくださる方:
stationery station(文房具、雑貨)
ひつじ屋(紙もの、雑貨)
・柚子香(手づくりジャム)
峰彩庵(和雑貨)
・knospe(コサージュ、布小物)
・La Fleur Blanche(花)
hireco(ボタニカルアートポストカード、エコバック)
・BUS STOP mini(アメリカアンテイーク雑貨)
・BOROM GLASS BEADS(アクセサリー)
stained glass Ginga(ステンドグラス) 
・空想編物猫空(編み物)
・庭音(裂き織り) 
・茶々木(スペシャルブレンドコーヒー粉) 
Daily´s muffin(マフイン、アメリカアンテイーク食器)
紫山(古道具)

*co2削減にご協力いただくため、当日は簡易包装になります。
エコバック持参をお願いします!!!!  
*駐車場がございませんので、車でお越しの方は近くのコインパー
キングをご利用下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

10/11(土) 猫星報告

Photo ニットのランプシェードが生み出す
やわらかな影の下で、
猫星の夜がはじまります。

Photo_2

ルームシューズやポンチョ、
ショールにネックウォーマー、
ハンドウォーマーなどなど。
暗くて寒い冬に、
少しでもわくわくをお届けできれば、幸いです。

Photo_3 今回、編んでいて一番楽しかったのは、ハンドウォーマーです。
袖が短めのニットやワンピースを着ると、
腕から手首がどうも肌寒く、
でも下に何か着込むほどでもない時。
また、家で手仕事をしていると、
手の甲が冷えてきて、セーターの袖を伸ばして、
猫の手状態になっている時。


その度に、もどかしい思いをしていたのですが、
これで万事解決。
もっと色のバリエーションを増やしていきたいと思います。

Photo_4 夜ごはんの「秋の夜長プレート」。
里芋の炊き込みご飯、秋刀魚のピリ辛煮、菊と秋茄子のマリネ、
ほうれん草の梅あえ、蕪と舞茸のスープ。
おかげ様で、完売いたしました。
ありがとうございました。




お茶は東方美人をお出ししました。
ゆるやかに開いていく一芯二葉の茶葉。
蜂蜜のような甘い香り。

たくさんの方にお越しいただいて、
感謝の気持ちでいっぱいです。
皆様、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

猫星

10/11(土)、wasanbonにて開かれる
空想編物猫空と出張台湾喫茶猫空の一人コラボ。

秋の夜長をゆるゆる過ごすためのもの、をテーマに、
ランプシェードやルームシューズ、湯たんぽカバー、ハンドウォーマーなどなど、
お家の中であたたかく暮す工夫をこらした編物たちが並びます。
秋の恵みをふんだんに詰め込んだ夜ごはんと、お茶もお出ししますので、
どうぞ遊びいらしてください。

2_2 ○ 「秋の夜長プレート」 ¥1.000 / 限定10食

  ・ 里芋と玄米の炊き込みごはん
  ・ 秋刀魚のピリ辛煮
  ・ 秋茄子と菊のマリネ
  ・ ほうれん草の梅あえ
  ・ 蕪と舞茸のスープ
 
 ○ お茶 「東方美人」 ¥500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

空カフェマーケットへ

日曜日の朝9時に仙台を出発。
荷物はぎゅうぎゅうで、テンションも上がり、
あっという間に福島へ。

空カフェへの道中、
「金剛山ぼけ封じ観音」や、
「東北サファリパーク フラミンゴショー」など、
魅力的な看板が立ち並び、
福島の底力を感じました。
次回は是非一泊せねば・・・。
山道を登り、耳がきーんとしてきたところで空カフェに到着。

仙台チームは、ちょっぴり遅刻。
お客様や出店者の皆様をお待たせしてしまいました。
本当に申し訳ありません。

G でもでも何とかOPEN!
北と東のヨーロッパ市のはじまりです。
看板はStockユリコさん作。
写真では分かりにくいですが、
ヨーロッパの町並みが描いてあるのです。

Photo_2気持ちの良い原っぱに、
皆さんそれぞれの思いがつまったお店を出店されていました。
仙台チームのブースの奥では、
おじいさんが子供達にブーメランの作り方を教えていて、
しばらくするとあちこちでブーメランがくるくる。
自由であたたかな空気が広がる空カフェ。


Sorakafe今回、猫空はラップランドの民話集『魔術師のたいこ』をモチーフに、
ルームシューズを編みました。
それぞれに、民話にちなんだタイトルが着いています。
「太陽の木苺の原っぱでダンスするクツ」とか。
「魔法の笛の音を聞くタビネズミがはくクツ」とか。

 Photo_3 Photo_4                   
ちょうど前日に届いたというビヨルクさんの
白樺のオーナメント。
戸棚には、コシュカコシュカさんのレターセットや
マッチラベル。
Stockさんが東欧で買い付けてきた食器や花瓶。
どれも遠い国から長い旅をしてきたものばかり。

Sora_kafePhoto_6 オオトモミユキさんのアクセサリー。
A-skipさんのフェルトのお人形。
写真に収められなかったのですが、
他にもミキさんの繊細なガラスのヘアピンや、
ナカジマアヤコさんの切り絵とステンドグラス。
樹々さんの木のカトラリーやボタン。
BaumさんやPapillonさんの布小物などなど。


心をこめて丁寧に作られたもので、テーブルは埋め尽くされていました。
気がつけば、お店側ではなくて、
お客様目線で品物を見ている自分がいて、
あわてて気を引き締めることもしばしば。

Photo           
午後になって、少し落ち着いてきた頃を見計らってランチです。
ヒゲのシェフが美味しいスペイン料理のお店を出していました。
テーブルに並んでいるのは、スペインのお惣菜。
もうすぐ予約したパエリヤが届くはず・・・。
大鍋で豪快に作られるパエリヤは大人気でした。
出来上がると、鈴で知らせてくれます。



「こがらしバー」のホットワインとオレンジのリキュールも
ほかほか体があたたまって、大満足。
きっちりポマードでヘアーを固めたかっこいいバーテン氏が、
持ってきてくれました。
ぜひお店にもうかがいたいものです。

Photo_2 こちらは空カフェ地域通貨の「ケロ」。
「ロ」は巻き舌で発音したいですね。
「ケゥロ!」
空カフェ前の銀行で両替してくれます。
1ケロは日本円で500円。

Photo_3 空カフェの中には大きな薪ストーブが。
初めて見ました。薪ストーブ。
焼き芋を焼いたり、パンを焼いたりできるのでしょうか。
空カフェの店内からは、原っぱが見渡せ、
ゆっくりお茶を楽しむことができます。
いただいたコーヒーは、どこか懐かしい味がしました。

夕方、そろそろ冷え込んできた頃に、店じまい。
たくさんの方にあたたかいお声をかけていただきました。
福島の皆様、仙台からいらして下さった方々、
本当にありがとうございました。

Cave 帰りは「安西果樹園」とカフェCAVEに寄って、
わいわいおしゃべり。
こちらのパンと、りんごジュースの紅茶割りがほんとにおいしくって!
次回はもう少し早めにお邪魔したいです。

盛りだくさんで満腹の一日でした。
次はどんな楽しいことが生まれのやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

夏天市報告

1 先月開かれたwasanbonでの夏天市のご報告です。
折々の季語から名づけられるwasanbonの蚤の市。
空想編物猫空としてお邪魔してきました。

2_2 今回のテーマは『月の砂漠』。
確か小学校の音楽の教科書に載っていたような。
紺碧の空の下、月明かりに白々と浮かぶ砂漠を、
しずしずと越えていく王子さまとお姫さま。
らくだの上には金のくらと銀のくら。
そんな美しいけれど、どことなく寂しい情景を思い浮かべながら、
編んだものは・・・

3 ・砂漠のテント
・月夜のドレス
・真夜中の砂漠を歩くために
・暁の砂漠を歩くために
・黄昏の砂漠を歩くために
・遊牧民のためのくつ
・月の砂漠の通行手形
・金のかめと銀のかめをつなぐひも

あいにくの雨でしたが、たくさんの方においでいただきました。
ありがとうございます。
そしてお買い上げ下さった皆様、
もし修理が必要になりましたら、
お気軽にお申し付けくださいませ。

たとえば砂漠のテントに明かりを灯す瞬間に、
黄昏の砂漠を歩くための靴をはく瞬間に、
この歌を思い出していただけると、幸いです。

☆月の砂漠

月の砂漠を はるばると
旅のらくだが 行きました
金と銀との くら置いて
二つならんで 行きました

金のくらには 銀のかめ
銀のくらには 金のかめ
二つのかめは それぞれに
ひもで結んで ありました

先のくらには 王子さま
あとのくらには お姫さま
乗った二人は おそろいの
白い上着を 着てました

ひろい砂漠を ひとすじに
二人はどこへ いくのでしょう
おぼろにけぶる 月の夜を
対のらくだで とぼとぼと
砂丘を越えて 行きました
だまって越えて 行きました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

あるおばあさんのための指なし手袋

Photo_2

この指なし手袋のタイトルは「あるおばあさんのための指なし手袋」。

ばあさんがひとり
おかのふもとにすんでいた
もしもどこかへいってないなら
いまでもそこにすんでいる

私の大好きなマザーグースのうたの一節をつけました。
このばあさん、理想です。
孤独を孤独とは思わず、飄々と我が道を行く。
こんな老人になりたいものです。
紫がかったグレーの毛糸と白の毛糸を混ぜながら編んだので、
微妙なニュアンスを出すことができました。

注文して下さった方は、非常に繊細で透明感のある植物画を描かれる方で、
ばあさんでもなく、ひとりでもないのですが、
こんなタイトルの手袋をお渡しすることになりました。
すぐにはめて、ニヤニヤしながら、帰途に着かれたそうです。
それを聞いて、私もニヤニヤしてしまいました。
今もニヤニヤしながら、これを書いています。
ニヤニヤ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)