茶会報告

2009年3月30日 (月)

猫山雛茶会報告

昨日、改装後の紫山さんで、初の猫山茶会を開きました。
生成り色の和紙が貼られた壁も、素朴な雰囲気で素敵でしたけれど、
今回の白壁の美しさには驚きました。
紫山さんの審美眼で選び抜かれた古いものたちを、
しっとりと包み込む懐の深い白壁。
コンクリの床と合わさって、静謐な空間を作り出していました。
その奥の、琉球畳が敷かれた小上がりで開いた猫山茶会。

Photo_3

お茶は文山包種茶を二種。
去年の11月中旬に摘まれたものと、
しばらく熟成されたものを、飲み比べていただきました。
熟成されたお茶は、湯気の上がり方もゆっくりで、
体を冷やしません。
果物のような甘い香りが、いつまでも鼻腔をくすぐり、
聞香杯から離れられずに、うっとり。

清朝の水差しに飾った枝は、木五倍子(きぶし)。
蝋梅のような色合いの花が、房状に垂れ下がります。
朝鮮半島が原産の花らしく、漢字と読み方の字数が合わず、
名前を覚えづらい花。
朝鮮語では、何て発音するのでしょうね(キブーシ?キブシー?キーブシ?)。

Photo_4 中央に敷いた和紙の上には、大分の土鈴雛。
糸のように細い目が愛らしいのです。
お雛さまの前に、土筆と蕗の薹と蓬の小さな花束を。
蛤の殻を花器に見立てました。

Photo_5
今日のお菓子は桜杏仁とグリーンレーズン。









Photo_6


後半に登場したきなこしぐれ。

笑いの絶えない和やかなお茶会になりました。
ご参加くださった皆様、
色々とお気遣いいただいた紫山さん、本当にありがとうございました。
また、この度ご希望に添えず、ご参加いただけなかった皆様、
申し訳ございませんでした。

Photo_7
今、蕗の薹を一つ、蛤に入れて、
昨日の余韻を惜しんでいます・・・。
いつかまたお会いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

猫空二月茶会報告

今日は地域生活支援センターてれんこにて、
久しぶりの猫空茶会でした。

Photo 猫空茶会、初の和室での開催。
前々から畳に座ってゆる~い雰囲気のお茶会を開きたかったのですが、
ひょんなことから実現いたしました。








Photo_2 一つ目のお茶は、文山包種冬茶。
清々しい香りの文山包種茶。
中でも12月上旬に摘まれる冬茶は、
私の一番のお気に入りです。
冬の冷たい空気に触れて、
じんわり甘みを増した新芽だけで作られたお茶。
お湯を注ぐと、まるでついさっき摘まれたばかりのような、
鮮やかな緑色をした茶葉が、ゆっくり蓋椀の中に広がります。

Photo_3 こちらは八宝茶です。
緑茶をベースにすることが多いのですが、
今回は体を温める作用のある鉄観音をベースに、
様々な乾物を入れました。
菊花、クコの実、松の実、胡桃、棗、金針菜、氷砂糖。
それぞれ鎮静作用や目の疲れを取る、といった効能があり、
心も体もほっと緩むようなブレンドにしました。

Photo_4 お菓子は、白花豆のきんとんと、金柑の甘煮、さんざし。
金柑の風味付けには「千花ハニー」という
日本蜜蜂が集めた蜂蜜を使いました。
以前、enさんで購入したものです。
日本古来の花の蜜しか集めない繊細な日本蜜蜂。
その生涯で集められる蜜は小さじ半分にも満たないのだとか。
渋みや酸味のある果物との相性が、特に良いように感じます。
ちなみにウチではよく、この蜂蜜を使って、八朔のマリネを作ります。

想像以上に皆さんの話題が豊富で、
大変にぎやかなお茶会になりました。
久しぶりだったので、少々緊張していたのですが、
開始後30分には、すっかりこちらの気も緩み切っておりました。
参加者の皆様、またてれんこ職員の皆様、
楽しいひと時をありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

10/12(日) 猫空茶話会報告

Photo_5猫空茶話会、菊と十三夜のおもてなし。
写真は当日お渡ししたしおり。
メニューと菊見酒のレシピ、
菊と月の風習、伝説についてまとめたもの。

Photo_6 紫色のもってのほかをガラス瓶につめていきます。
花弁をちぎる度に、濃くなっていく菊の香り。
氷砂糖とホワイトリカーを注ぎ、きゅっとふたを閉めると、
開けるのは一年後。
その頃には、ほんのり紫色のお酒ができていることでしょう。
すだちと蜂蜜を入れて、召し上がれ。

Photo_7 引き続き、お昼ごはんです。
月をイメージさせるような、白くて丸いもの、
そして秋をイメージさせるものを、
お皿にのせました。
花巻、蕪と長ねぎのスープ、
雪菜と落花生の白和え、舞茸と海苔のピリ辛煮。

Photo_8 お茶は梨山烏龍茶。
お菓子は栗のおしるこに、葡萄の菊見酒蜜煮、
揚げさつま芋のの和三盆まぶしでした。
梨山烏龍茶のどこまでも追いかけたくなる香りに、
恍惚としながら、月の伝説についてお話しました。
月の満ち欠けがもたらすイメージ、
不死の薬、月と金木犀のかかわり、などなど。
月を見上げるときに、思い出していただけるとうれしいです。

こちらの花は白式部。
かわいらしい実がついています。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
台湾のお茶と季節の室礼、
花や果物に秘められた風習や伝説をテーマにした茶話会、
少しずつ開いていければ、と考えています。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/11(土) 猫星報告

Photo ニットのランプシェードが生み出す
やわらかな影の下で、
猫星の夜がはじまります。

Photo_2

ルームシューズやポンチョ、
ショールにネックウォーマー、
ハンドウォーマーなどなど。
暗くて寒い冬に、
少しでもわくわくをお届けできれば、幸いです。

Photo_3 今回、編んでいて一番楽しかったのは、ハンドウォーマーです。
袖が短めのニットやワンピースを着ると、
腕から手首がどうも肌寒く、
でも下に何か着込むほどでもない時。
また、家で手仕事をしていると、
手の甲が冷えてきて、セーターの袖を伸ばして、
猫の手状態になっている時。


その度に、もどかしい思いをしていたのですが、
これで万事解決。
もっと色のバリエーションを増やしていきたいと思います。

Photo_4 夜ごはんの「秋の夜長プレート」。
里芋の炊き込みご飯、秋刀魚のピリ辛煮、菊と秋茄子のマリネ、
ほうれん草の梅あえ、蕪と舞茸のスープ。
おかげ様で、完売いたしました。
ありがとうございました。




お茶は東方美人をお出ししました。
ゆるやかに開いていく一芯二葉の茶葉。
蜂蜜のような甘い香り。

たくさんの方にお越しいただいて、
感謝の気持ちでいっぱいです。
皆様、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

9/14 猫山十五夜茶会報告

9_2月は天空を支える大きな釘で、
落っこちそうになる度に、
ハリネズミが金槌で打ちに天に昇る。
幼い頃読んだ絵本に、
月はそんな風に描かれていました。
なるほど夜空に煌々と輝く満月は、
釘の頭に見えないこともなく、
子ども心に妙に納得したものです。


空気が澄み渡り、一年で最も空を高く感じるこの日、
中秋の名月を祝うお茶会を、紫山で開きました。
テーブルのあちこちに、現れる小さな月。
韓国の八角鉢に盛った、淡い緑の梨。
去年から漬け込んでいた菊のお酒で軽く煮た葡萄。
鹿型を押した月餅。
そして茶杯の中で揺らめく金萱茶。
鷹羽薄が、ランプの光を受けて銀色に光ります。

ご用意した金萱茶は二種。
阿里山のものと梅山のものです。
土地の違い、焙煎の違いで、
お茶の味がどのように変わるのか、
じっくりお楽しみいただけたのではないかと思います。

中秋節は、中国や台湾で、とても大切にされている五節句の一つで、
家族で集まり、月を愛でながら月餅を食べます。
月餅は、本来一人ではなく、大人数で切り分けて食べるものなので、
非常に食べ応えのあるお菓子です。
今回お出しした月餅は、ラードを使わず、小ぶりに作りました。
鹿の菓子型は、台湾で買ってきたものです。


Photo 雨が降ったり止んだりの、不安定な空模様でしたが、
夕方には月が顔を出していました。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

8/9猫山七夕茶会報告

紫山で開いた猫山七夕茶会の様子です。
以前こちらで購入したナイフの型がきっかけで、
七夕の室礼を思いついたものですから、今回は特に気合が入りました。
しかも猫空史上初、男性のお客様がほとんどを占めるという
シチュエーションにちょっと緊張。
そして初の冷茶。
太陽の熱でじっくり氷を溶かしていく冷茶は、
当日の気温と相談なので、これもまた緊張・・・。

Photoお茶は八宝茶と東方美人の冷茶。
お菓子は索餅と五色羹、蒸しドライフルーツです。
八宝茶は暑い時期にも寒い時期にも飲まれる漢方茶の一種で、
碧螺春をベースに様々な乾物が入っています。
ぬるめのお湯で、ゆっくり蒸らしました。

ガラスの蓋椀にお湯を注ぐと、かすかに氷砂糖が割れる音が響き、
涼感を誘います。

八宝茶の前に淹れて置いた東方美人の冷茶は、
氷を溶かすために、陽の当たる屋外にしばらく出しておきました。
背の高いガラスのポットが汗をかき、
茶葉がゆっくり開いていきます。

2_4 索餅は、奈良時代に中国から伝わったお菓子で、
平安時代には、七夕に索餅を食べると熱病にかからない、
とされ、宮中の七夕行事に取り入れられていました。
素麺の起源とも言われていますが、
その材料や作り方については諸説あり、
現在の素麺とはその形状も随分違ったものだったようです。

今回は、食べやすさを考えて、
米粉と小麦粉にてんさい糖を混ぜ、
菜種油で伸ばして、オーブンで焼きました。
当時の索餅とは違うものかもしれませんが、
今では見られなくなった七夕の麗しい風習を思い起こす、
一つのきっかけになれば、と思っています。

五色羹は、五色の短冊になぞらえて、
梅ゼリーを「緑・紅・黄・白・黒(濃紫)」に染め、蛤の殻に閉じ込めました。
梅の酸味が東方美人の甘さとよく合っていたように思います。

東方美人を淹れていると、
台湾でお会いした纏足コレクターの方を思い出します。
纏足にまつわるありとあらゆるコレクションが詰まった部屋で
いただいたお茶が、東方美人でした。
今回のお客様は、皆さん許容範囲が広そうな方ばかりだったので、
私もついつい纏足の話ばかりしてしまい、
その上、纏足の図録までお見せして、
お茶の話はちゃんとしたっけなー、楽しんでいただけたかなー、
と少々不安でした。

しかし、お茶会の翌日、お客様からうれしいメールをいただき、
ほっと胸をなでおろしました。
「もてなしの心」をもっと大事に、精進していきたいと思います。

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

8/4猫空七夕夜茶会報告

1_2 wasanbonで開かれた七夕夜茶会。
テーブルの上に塩で、小さな天の川を作りました。
チャイグラスの中でゆらめくのは、東方美人。
羽衣のように茶葉が舞うと、
甘く、官能的な香りが立ち上ります。




かつて七夕の夜に、女性達は七本の針に美しい糸を通し、
針仕事の上達を祈ったといわれています。
そんな美しい風習にちなんで、
天の川のあちこちに、琥珀色のガラスの針をちりばめました。
ネパールでシャンデリアのパーツとして使われていたガラスです。

2_3 お菓子は黒糖アイスクリームに、
蒸しドライフルーツ。
ドライフルーツは星型の八角で香り付けした
サンザシと干し無花果を。
蒸すことで甘みが濃厚になり、
無花果の種のぷちぷちした感触を、
より味わうことができます。

3_3 猫空茶会に何度も足を運んでくださっている皆様と、
こうして楽しいひと時を過ごすことができて、
本当にうれしい限りです。
うっかり時間を忘れ、
あらあらもうこんな時間だわー、
それじゃ今日はこのへんで、
というゆるやかな雰囲気で終わるお茶会、
私自身、いつも楽しみにしています。

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

7/10 Oさん宅でのお茶会報告

Photo_4 ウチから自転車で5分。
ご近所のO里さんのお宅でのお茶会です。
早めのお伺いして、夏野菜カレーをごちそうになりました。
美味しかったです!
O里さんは、以前お料理教室を主宰されていたのですが、
出産されてお休み中だそうです。
まさかご近所にこんな方がお住まいだったとは~。

Photo_5 今日のお茶は阿里山高山茶が二種。
去年の真冬に摘まれた冬片と、
今年の三月中旬に摘まれた早春茶をご用意しました。
早春茶は強めに焙煎されていて、
豊かな奥深い香りがします。
お菓子は南瓜の豆腐流しと青梅の蜂蜜漬け、
ドライパイナップルです。

お茶会の後は、Mさんによるお香教室のはじまりはじまり。
アニスとシナモンを混ぜて、甘くてスパイシーなお香を作りました。
今、窓辺に並べて、乾燥中です。
でも、このお天気じゃ、なかなか乾かない気も。
このままだと忘れそうです。
でも、忘れた頃に良い感じになってるかも。

そしてお香を作り終えた頃に、
O里さんから再びコーヒーとデザートが!
きゃー。
シナモン白玉に小豆と梅のコンポートが乗ってて、
ほんっとに美味しかったです。
小豆の甘みと梅の甘酸っぱさがよく合ってて、
無言で完食してしまいました。
O里さん、何度もごちそうさまです。

そしてそして、帰り際、petit atelierのリエさんから、
手作り石鹸のプレゼントをいただきました!
あぁ~、なんて乙女なラッピングなのでしょうか~。
もったいなくて開けられません・・・。

Photo_6 そんなわけで、盛りだくさんな一日でした。
皆さん、本当にありがとうございました!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

7/6 初夏のエンブレムをつくる会

Photo_2 stockさんで開かれたエンブレムをつくる会。
準備の段階から、かわいらしく並べられていく
ヴィンテージパーツの数々にときめきっぱなしでした。
参加された皆さんも、
パーツ選びに随分悩まれたご様子。
その姿をカウンターの奥から拝見しながら、
2ヵ月前の練習会を思い出していました。


あの時も、パーツの組み合わせに頭を悩ませ、
とっかえひっかえしていたものです。
ですから、皆さんが真剣なまなざしであっちのパーツ、
こっちのパーツと選んでいらっしゃる間、
私は「そうでしょ。そうでしょ。かわいいでしょ~。悩みますよね。うっふっふ。」と、
まるで自分が作っているような気持ちになって、
楽しくてたまりませんでしたよ。

会が終わる頃には、皆さんの個性あふれる素敵な作品が
できあがっていました。
今回、作り方を教えてくださったmiyukiさんのお宅には、
まだまだたくさんのパーツが眠っているのだとか。
まるで大きな宝箱ですね。

Photo_3 今回のお茶は明前碧螺春。
お菓子は枝豆のムースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

7/3 Y倉さん宅でのお茶会

Photo 恒例のY倉さんのお宅でのお茶会です。

・お茶:凍頂烏龍茶2種
・お菓子:蚕豆の蜜煮豆腐クリーム添え
            梅のコンポート
            ドライパイナップル



焙煎度の違う凍頂烏龍茶を2種類お出ししました。
どちらも捨てがたいのですが、
今日は軽めの焙煎の方が美味しく感じられました。
その日の体調やお天気によって、
体が感じるお茶の味も変わってきます。
一口目のお茶を味わう時、
腰骨を立てるように、姿勢を整えてから味わうと、
お茶がすーっと体の中に流れてきて、より美味しく味わえると思います。
お茶そのものが美味しいことが一番ですが、
味わい方にも気を配ってみると、また違う世界が開けてきます。

お菓子は蚕豆の蜜煮に、豆腐クリームを添えました。
蚕豆のぷっくりした形と鮮やかな新緑色が大好きで、
今年は何度も登場しました。
でも、そろそろお別れですね。名残惜しいものです。
梅のコンポートは、濃い黄色に熟した梅を、蜂蜜とグラニュー糖で、
静かに煮て甘みを含ませました。
梅の酸味が残っているのですが、
その酸っぱさが、梅雨時にはうれしいことも。
梅はまだまだ形を変えて大活躍の予定で、
家の棚には蜂蜜漬けや梅シロップの瓶詰めが並んでいます。
美味しくなるのはまだもう少し先・・・。

Photo_2 そしていつものラーンチ!
この時間がいつも楽しみなのですよ。ほほほ。
皆さん、お忙しいにも関わらず、
相変わらず手の込んだ料理の数々・・・。
この後、さらにデザートまで登場し、
すっかり満腹で帰ってきました。



ごちそうさまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)