« どうする子ども部屋 | トップページ | あけび茶と蒸しパン »

2009年5月31日 (日)

どうする子ども服

初めて西松屋に行った時は、店の前まで行ったものの、
店内に入れず、近所のツタヤでDVDを借りて帰ってきてしまいました。
気合を入れなおして、2回目でようやく入店。
ガーゼを買おうとしたのですが、
パイピングのピンクと水色が嫌で買えずじまい。
結局、マブチでガーゼ生地の反物を買うはめに・・・。

可愛らしい子供服を置いているという噂のお店にも行ってみました。
確かに可愛らしい。
でも、おそらく1シーズンしか着られず、
枚数が必要な子ども服に、この値段はいかがなものか。

高いかダサいか。
それが私の子ども服の印象です。
そんなわけで、自分で縫ってみることにしました。

Photo_4
爽やかブルーのストライプ。
黄色のチロリアンテープ。

Photo_5 グレーのガーゼ生地に、ピンクでパイピング。
黄色いお花のアップリケ。

爽やかでかわいらしい組み合わせのものを二着縫ったところで、
ちょっと飽きてきました。
もっとファンキーに生きたい。

Photo_6
というわけで、紫陽花柄。
6月生まれですしね。







紫陽花柄の産着で何かがはじけました。


Photo_7 向日葵柄のベストとパンツ。
8月限定。

 Photo_8          
パパンツパンツベビーパンツ!

          Photo_9

ちょっと我に返り、オーソドックスなズボンを。
でも、ステッチがショッキングピンク。

Photo_10 産着というか、はおりもの?
私の着古した麻のパジャマを解体しました。
袖口のレース使いがかわいいので、
何となく取っておいたもの。
しみと穴があったのですが、
チロリアンテープがうまく隠してくれました。

Photo_11 スタイいろいろ。
ズボンやおくるみの残り生地で。

      Photo_12     

ウールのベストとズボン。
表はピンク。裏地が微妙な赤の厚手のウール生地。
切りっぱなしにできる生地だったので、助かりました。
それにしても色んな人に「男子よ。」と言われ、
私もすっかりその気になっているので、
こういうちょっと女の子っぽい色の服を作ると、
背徳的な気分になります。

     

Photo_13 ワッフル模様のタオル生地でおくるみを作りました。
ふかふか。

Photo_14 マブチで買ったガーゼの反物を、
生成りの糸で巻きロックしたガーゼハンカチ。
アンチ・ファンシー。

Photo_15 えーと、これはですね。
シャーマンが仕事で使っていそうな
仕上がりになってしまいましたが、兎のぬいぐるみです。
「くわがた」「朝鮮人参」「マンドラゴラ」など、
多数のご意見をいただいております。
左右非対称なものって、不安感を誘いますね。
目をインドの古いサリーを裂いた糸で作ったのですが、
そのせいで怪しさ倍増。

Photo_16 裏側です。
ちょっと地味なのでは、と思って、
チベットの少数民族の刺繍のアップリケをつけたのですが、
我ながら、唐突だったと反省しております。
でも外しません。
鈴を中に仕込んだので、
振るとしゃらしゃら音が鳴ります。




ちなみに、旦那さんから「え?それ兎だったの?」
という屈辱的なお言葉をいただき、むかっとしたので、
兎のイラストを描いてもらいました。
自信満々で旦那さんが描いたのがこちらです。

Photo_17









もう少し、秋冬物を増やしたいところですが、
途中で産まれてしまうと、糸くずだらけのウチに帰ってくるはめになるので、
しばらく自重しようと思います。

|

« どうする子ども部屋 | トップページ | あけび茶と蒸しパン »

妊婦道」カテゴリの記事

コメント

おおお、久しぶりにお邪魔したら、服が増えている!すごい!
向日葵柄、中原淳一っぽい。
着々と準備が進んで、もういつでも来い!という感じだなぁ。
楽しみだねぇ~~。うふふふ。

投稿: yumuto | 2009年6月 5日 (金) 11時47分

やっほー!
秋冬物も作りたかったんだけど、
しばらくやめておくわ~。
乳も出てるし、いつでも来い!なんだけど、
このままだと予定日かな~。
いやー、どんな出産になるのやら。
楽しみだわ~。

投稿: 猫空 | 2009年6月 7日 (日) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534486/29881736

この記事へのトラックバック一覧です: どうする子ども服:

« どうする子ども部屋 | トップページ | あけび茶と蒸しパン »