« 遠刈田視察 | トップページ | こけ巻き六巻き目 »

2009年3月30日 (月)

猫山雛茶会報告

昨日、改装後の紫山さんで、初の猫山茶会を開きました。
生成り色の和紙が貼られた壁も、素朴な雰囲気で素敵でしたけれど、
今回の白壁の美しさには驚きました。
紫山さんの審美眼で選び抜かれた古いものたちを、
しっとりと包み込む懐の深い白壁。
コンクリの床と合わさって、静謐な空間を作り出していました。
その奥の、琉球畳が敷かれた小上がりで開いた猫山茶会。

Photo_3

お茶は文山包種茶を二種。
去年の11月中旬に摘まれたものと、
しばらく熟成されたものを、飲み比べていただきました。
熟成されたお茶は、湯気の上がり方もゆっくりで、
体を冷やしません。
果物のような甘い香りが、いつまでも鼻腔をくすぐり、
聞香杯から離れられずに、うっとり。

清朝の水差しに飾った枝は、木五倍子(きぶし)。
蝋梅のような色合いの花が、房状に垂れ下がります。
朝鮮半島が原産の花らしく、漢字と読み方の字数が合わず、
名前を覚えづらい花。
朝鮮語では、何て発音するのでしょうね(キブーシ?キブシー?キーブシ?)。

Photo_4 中央に敷いた和紙の上には、大分の土鈴雛。
糸のように細い目が愛らしいのです。
お雛さまの前に、土筆と蕗の薹と蓬の小さな花束を。
蛤の殻を花器に見立てました。

Photo_5
今日のお菓子は桜杏仁とグリーンレーズン。









Photo_6


後半に登場したきなこしぐれ。

笑いの絶えない和やかなお茶会になりました。
ご参加くださった皆様、
色々とお気遣いいただいた紫山さん、本当にありがとうございました。
また、この度ご希望に添えず、ご参加いただけなかった皆様、
申し訳ございませんでした。

Photo_7
今、蕗の薹を一つ、蛤に入れて、
昨日の余韻を惜しんでいます・・・。
いつかまたお会いしましょう。

|

« 遠刈田視察 | トップページ | こけ巻き六巻き目 »

茶会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534486/28879319

この記事へのトラックバック一覧です: 猫山雛茶会報告:

« 遠刈田視察 | トップページ | こけ巻き六巻き目 »